醉醒笑 

suiseishyo.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 24日

NHKよ遂に狂ったか 民放顔負けの破廉恥番組

これ程視聴者、就中NHK受信料支払い者をバカにした番組があろうか。
「お取り寄せ不可⁉︎列島縦断宝メシグランプリ』(part1・2 11月23日午後7時半から10時)なる、
延々2時間30分に渡る破廉恥という他ない馬鹿騒ぎ番組である。(映像が無く生憎だが、ご覧になった方はお分かりと思う)

日本全国各地の珍味、佳肴をタレントが取材し、それをスタジオに持ち込んで、タレント化した著名な料理人や、いわゆる俗にタレントと言われるテレビ人、芸能人など百人に食べさせ点数採点させるのだ。
その取材費、食材費、タレントの出演料、スタジオ設営費など諸経費諸々を合算したら一体いくらの経費が掛かっているかと想像するだに呆れかえる壮大な無駄遣い番組内容であった。
民放のスポンサー丸抱えの番組ならいざ知らず、苟もNHKは唯一の公共放送として国民全員から強制的に徴収した受信料で経営の一切をまかなっているのである。いわば、一切の無駄と贅沢を排して、職員の給与と経営(出演料や取材費など、公共放送目的に叶う番組作成関連諸経費)に充当されるべきであるのに、この破廉恥食い散らかし、おちゃらけ番組には呆れ果ててしまった。一例を挙げれば、ある地方の里芋の親芋を使った伝統料理を100人に一個づつ当てがって食べさせているのだが、100個集めるのも大変だろうし、1個が赤ん坊の頭ほどもある大きなものを完食できる訳も無い、残ったものは多分捨てるのだろう。ことほど左様に、中には一般人がほとんど口にもできない各地各種の珍しい食材が延々と食い散らかされたのである。
年間2万数千円の受信料を払う一般庶民が、決して味わうことのできない全国各地の珍味佳肴を追跡収集してスタジオに持ち込み、総勢百人のタレント化した料理人や三文芸人が、したり顔して美味い美味いと宣っている。一体番組のコンセプトは何なのだろう。年度末近まって有り余った莫大な受信料収入の消化のためだろうか。
も一度言う、我が国唯一の公共放送が民放顔負けの荒唐無稽、破廉恥、誇大な浪費番組を作って恥ずかしくないか。
それで無くとも近頃のNHKのバラエティー化した番組の氾濫には呆れていたのだが、遂にここまで来たかという思いを
強くしたのである。NHKよ、受信料の壮大な無駄使いのせめてもの反省を込めて、このバカ番組の作成収支計算を公表し、以って受信料支払い者への詫びとせよ。

当番組URL
part1:https://tv.yahoo.co.jp/program/51657481/
part2 :https://tv.yahoo.co.jp/program/51657493/

[PR]

by gettenn66 | 2018-11-24 12:11 | Comments(0)
2018年 11月 13日

冬の花 今年は花着きが良い、珍しく八重の木が息を吹き返し花を付けてくれた。

e0065412_12322274.jpg
e0065412_12322644.jpg
e0065412_12322944.jpg

[PR]

by gettenn66 | 2018-11-13 12:37 | Comments(0)
2018年 11月 11日

山下公園、横浜港・大桟橋散策  日本の海運史の1ページを飾る「氷川丸」           (船舶諸元・歴史沿革説明は「日本郵船歴史博物資料館資料」から借用)

建造所 :横浜船渠(株)(現 三菱重工業(株)横浜製作所)   

全長   :163.3メートル

総トン数 :11,622トン

主機   :B&W複動4サイクルディーゼル機関 2機2軸

スピード :18.38ノット

船客   :一等 79名

      二等 69名

      三等 138名

      合計 286名

e0065412_11105026.jpg

昭和5年にシアトル航路用に建造された貨客船です。当時の最新鋭大型ディーゼル機関を搭載し、水密区画配置など先進の安全性を誇っていました。一等公室にはフランス人デザイナーによるアールデコ様式の内装が施され、太平洋戦争前には、秩父宮ご夫妻、チャーリー・チャップリンをはじめ、約1万人が乗船しました。

その後、戦雲ただならぬ中、政府徴用船、および海軍特設病院船となり、終戦までに3回も触雷しましたが、日本郵船の大型船では唯一沈没を免れたのです。

戦後も引き続き病院船のまま復員輸送に従事し、昭和22年に復元工事で貨客船に戻り、国内航路定期船、後に外航不定期船、昭和26年8月からはシアトル・ニューヨークおよび欧州航路定期船に就航しました。  昭和28年には内装をアメリカンスタイルに改装し、シアトル航路に復帰、フルブライト留学制度での渡航者約2,500人を含む乗客、約1万6,000人を輸送し、活躍しました。

昭和35年、船齢30年に達し、同10月シアトル、バンクーバーから神戸に帰港、係留地横浜への回航を最後に第一線を退きました。

太平洋横断254回、船客数は2万5千余名。

引退後は、係留地横浜で多くの人々に親しまれ、竣工78年目にあたる平成20年4月25日、「日本郵船氷川丸」としてリニューアルオープンしました。

平成28年8月には重要文化財に指定されました。



[PR]

by gettenn66 | 2018-11-11 11:23 | Comments(0)
2018年 11月 09日

お上りさん 築地場外市場でワンパターン!!

e0065412_12444786.jpg
e0065412_12445031.jpg
e0065412_12445555.jpg
e0065412_12445901.jpg
                          ただ、旨かった の一言
e0065412_12450446.jpg
e0065412_12450192.jpg




[PR]

by gettenn66 | 2018-11-09 12:48 | Comments(0)
2018年 11月 06日

帝都秋景

神宮外苑の銀杏並木の黄葉
 
 もう早旧友と相見える余力は互いに無くなるだろうと、妻の手と杖を頼りに不自由な体を押して若きと言っても65歳になる飛び屋仲間七人の侍と、も一人はかつて空の守りに翼を交えた同期の一人、最後の出会いかも知れぬなあと言い合いながら半分棺桶に入りかけたのと会うために東京へ出かけた。

東京へ行けば、春秋を問わず行って見たくなる場所の一つ、外苑の銀杏並木、格別秋の黄葉勿論、初夏の緑陰も好い。
幸いなことに、横浜に住まう息子がいて、彼の車で楽ちんドライブ。
今回は11月に入ったばかり、当然ながらまだちょっと早く、四分染めほどでしたが絵になりました。

                  外苑の銀杏並木  画面奥は 聖徳記念絵画館
e0065412_13210385.jpg
e0065412_13210004.jpg
e0065412_13205408.jpg
e0065412_13503462.jpg
e0065412_13524465.jpg
e0065412_13522925.jpg
e0065412_13523683.jpg


[PR]

by gettenn66 | 2018-11-06 13:53 | Comments(0)