醉醒笑 

suiseishyo.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 30日

五月某日 若き畏友H・F君逝く 

     電話越しのか細き声は震えつつ嗚咽を噛んで夫(つま)の死を告ぐ

e0065412_11240102.jpg
早逝の畏友H・F君、職も同じ飛び職、日頃家族ぐるみの付き合いだった。
肥後熊本生まれの快男児、切れ者で律儀、ユーモアに溢れ、人呼んで斯界のトム・クルーズ、きりりと好い男だった。
野辺送りを終えご家族との別れ際のこと、健気に立ち回る夫人と父親譲りの大きくつぶらな瞳の長男長女二人の遺児の姿が痛ましく涙を誘う。

……「理紗ちゃん、げんきで、またあそびにおいで……」に、ふいと

理紗「おじちゃん、おじちゃんのこえ、どうしてかすれてるの?」

……「あのね、のどがちょっとへんでね、こんなこえなの、」

理紗「……ふーん、おとうさん、こえでなかったの……」……はっ、として

……、……覚えず絶句、脳天に一撃、声を呑んで後の言葉に詰まった。

そう、この子の父は、喉頭癌を患い長く苦しい闘病生活を送り、ついに声帯切除を余儀なくされ、近々一年有余は声を失っていたのだ。
理沙、四歳、父の声を忘れて過ごした寂しい日々の幼心にわだかまる素朴な疑問、老爺のしゃがれ声に亡き父の其れとが重なったのだ。
 
いたいけな幼子の無心の問いかけに、とっさとは言え心無い答えかたをしてしまった。不覚、いや不覚というより、思いそこに至らざる感性の衰えが情けない。

花は愛惜に散ると言う、愛する妻と未だ幼い愛児二人を残して逝く君の心残りは如何ばかりか、想い余りあって言葉もないが、厳しくも深い愛情で育んだ愛息昴志君の通夜、葬儀式場における天晴れぶりを伝えて君を送る言葉に代えよう。

母に寄り添い、時に妹梨紗の手を取りながら涙ひとつ見せず終始毅然とした態度、参列者に応接する大人びた言葉遣い。ご遺体を拝んで彼の前を通る僕を見上げて「ありがとうございます」と、堂々たる挨拶をして来たのだ。
健気や歳僅かに十歳小学五年生、「立派」とは正に彼のことをいう。

君の意思は斯くも見事に長子昴志君に亨け継がれている、愛妻とお子達の胸に君の命は永遠にある。雲居の方(かた)安(やす)んじて、以って冥せ我が畏友 H・Fよ。

   友逝く日聲ひときわにホトトギス 醉鷹   


[PR]

by gettenn66 | 2018-05-30 11:12 | Comments(0)
2018年 05月 13日

北朝鮮豊渓里(プンゲリ)の核実験場の廃棄を宣言

朝まだき、ホトトギスの初音を聞く。外は霧雨から雨になった。

 北朝鮮が核実験場の廃棄を報じた。豊渓里(プンゲリ)の核実験場」なる実験場はすでに崩壊状態にあり使用に耐えるものではないとの情報もある。先の南北会談も茶番だと断じる見方もあって、金正恩の歳に似ぬ狡猾な腹の内を読み誤るとトンデモナイことになる。
実験場廃棄に際しての現地取材に日本のメディアのお呼びはない。拉致問題は解決済み」と言う先の宣言からすれば、まして核問題で日本を考慮するこなど眼中にないのである。むしろ今後の南北融和、統合の流れが現実味を持ってくるとすれば、その過程の中で必然的に出てくる復興支援の金庫となる日本に対して一毫たりとも弱みを見せてはならないと言う深慮に他ならない。
よって日本は今の朝鮮半島問題の動きの一々に条件反射することなく、米国との緊密な連携を保持して静観しておれば良い。野党の無定見な立ち騒ぎは、敵の思う壺である。

北、核実験場23~25日廃棄 現地取材、日本は除外

                                 5/13(日) 7:55配信

産経新聞

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮外務省は12日、北東部の豊渓里(プンゲリ)の核実験場を廃棄する式典を、今月23~25日の間に行うと発表した。朝鮮中央テレビなど北朝鮮メディアが報じた。

 発表によると、式典では核実験場全ての坑道を爆破し、入り口を閉鎖する。その後、地上の観測施設や設備を撤去し、周辺を閉鎖するという。

 式典は気象条件を考慮するとし、実験場廃棄の透明性を示すために、外国メディアの現地取材を許可する用意があるとしている。取材の便宜を図るため、北京からのチャーター便の準備もあるという。外国メディアは中国、ロシア、米国、英国、韓国に限定し日本は含まれていない。

 核実験場の閉鎖について北朝鮮は「5月中の閉鎖」や、米韓の専門家、メディアへの公開を表明していた。6月12日に予定される米朝首脳会談に向け、核凍結、廃棄の姿勢をアピールするものとみられ、外国メディア受け入れ名目の外貨獲得の狙いもうかがえる。

 核実験場は坑道入り口がふさがれても、全体を爆破しない限り、簡単に復元できる。このため、核実験場の廃棄式典は海外に核放棄を示すパフォーマンスの場となる可能性もある。


[PR]

by gettenn66 | 2018-05-13 11:22 | Comments(0)
2018年 05月 12日

米朝会談を前に北朝鮮の八方睨みの狡猾な策動始まる

拉致問題提起を非難=北朝鮮「過去の清算回避」

5/12(土) 17:49配信

時事通信

 【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は12日、日本人拉致問題について「解決された」と主張、日本政府の拉致問題提起を「誰かの同情を買い、過去の清算を回避しようとしている」と非難した。
その上で、「過去の清算のみが日本の未来を保証する」と訴えた。

 6月12日にシンガポールで行われる金正恩朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領の初の首脳会談をにらみ、拉致問題を取り上げようとする動きをけん制する狙いがあるとみられる。同時に、「過去の清算」に向け、日本と対話する用意も示唆した。

 朝鮮中央通信は論評で、「全世界が近く開かれる朝米首脳の対面(米朝首脳会談)について、朝鮮半島の前向きな発展を主導し、明るい未来をつくるための第一歩と支持、歓迎する中で、日本だけがこの流れに逆らっている」と批判。「日本の反動層が既に解決された『拉致問題』を再び持ち出し、世論をあおろうとしているのは、朝鮮半島の平和の気流を阻もうとする愚かな醜態だ」と決め付けた。

 また、「朝日関係は本質的に、被害者と加害者の関係であり、加害者が被害者に謝罪と賠償をしなければならないというのは、問題の初歩だ」と強調。戦時中の強制連行や慰安婦問題などを挙げ、「日本という国全体をささげても到底、賠償できない」と主張した。 


[PR]

by gettenn66 | 2018-05-12 20:44 | Comments(0)
2018年 05月 07日

49回目の結婚記念日、偶には外で食事でもと息子のエスコートで一年ぶりの外歩き、鰻を食いに北浜へ

堂島川に面した最高のロケーションで、こだわりの江戸流鰻の店「志津可」

大正初期創業今三代目という、江戸流の鰻料理専門店。
職人の技と炭火にこだわった、ふわっと柔らかい最高の鰻をできる限り安くを目指してという。大阪では当店でのみ取り扱いの最高級ブランド鰻静岡産『共水うなぎ』が売り、大阪・淀川の天然うなぎもありと。


入り口はレトロな大正、昭和風

e0065412_12252326.jpg
e0065412_12245862.jpg
中の造り、飾りもそれなりに
e0065412_12272319.jpg
e0065412_12272994.jpg
件の鰻は如何なりや     
e0065412_12303314.jpg
4,600円のうな重定食の〝うざく〟は貧相で今ひとつ、〝うまき〟は大きさ味ともまずまず
e0065412_12304820.jpg
件のうな重 普通の鰻(養殖)蒸しが効いてふわとろ、タレもしつこくなくまずまず
e0065412_12350616.jpg
4,000円の〝共水うなぎ〟のうな重 食べ比べてみると、なるほどの違いあり。歯ざわり、うなぎそのものの身味が濃い、旨いと言うしか言いようがない。結構でした。酒は〝白雪〟ぬる燗で戴く、爽やかな喉越し。
e0065412_12385455.jpg
大阪と東京の鰻屋それぞれ名店と言われるお店三、四軒を食して来たが、総じて言えることは、東京のは鰻重にしろ鰻丼にしろ、主役のうなぎが器いっぱいにびしっと納まって見栄えが良いのに比べ、大阪のそれは写真のごとく隙間があって何となく貧相に見えるのである。この違いは用いるうなぎの大小、例えば大阪風は平均一匹が百三、四十㌘で東京風は百五、六十㌘という風に。
勿論タレにも店毎に甘、から、濃淡にやや違いがあるような、それに比べ東京風はやや濃いめで
決まっている。
こちら、過ぐる日訪れた上野不忍通り、「伊豆栄」本店の一品(重箱左手前、ちょっと一箸はいってるが)
e0065412_09300168.jpg



















[PR]

by gettenn66 | 2018-05-07 12:43 | Comments(2)
2018年 05月 02日

大阪市 五月晴れの1日息子の車で中之島バラ園へ行く 全開花には今一歩だったが花の香りに満ちて快適

難波橋テラスからバラ園を望む
e0065412_09470903.jpg
e0065412_09480977.jpg

                

                 薔薇の木に 薔薇の花咲く

                 なにごとの 不思議なけれど

                 薔薇の花

                 なにごとの 不思議なけれど

                 照り極まれば 木よりこぼるる    ……北原白秋


e0065412_09491323.jpg
e0065412_09484054.jpg
e0065412_09495236.jpg
e0065412_09483575.jpg
Porte des roses
e0065412_09502504.jpg







[PR]

by gettenn66 | 2018-05-02 10:16 | Comments(0)