醉醒笑 

suiseishyo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 23日

国技相撲も地に堕ちた。

史上最低の横綱白鵬。下位力士に、張り手多用。物言いは勝負審判か控え力士。
行司〝残った〟で、立ち上がり勝負のついた後の話、品格以前の問題、審判団は勿論だが、横綱推挙をする横綱審議会なら、横綱剥奪権も行使したらどうか。

白鵬〝待ったなし〟で初黒星 首かしげ軍配に不満 場内騒然

更新sty1711220015
e0065412_11054947.jpg
嘉風に敗れた白鵬は、取り組み終了後、右手を上げて相手の「待った」をアピール=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)嘉風に敗れた白鵬は、取り組み終了後、右手を上げて相手の「待った」をアピール=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)
弓取式が始まっても土俵に立ち続ける白鵬=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)

 福岡国際センターで行われている大相撲九州場所11日目、横綱白鵬が関脇嘉風に寄り切りで敗れ初黒星を喫した。取組後の土俵下で、立ち合いでの「待った」をアピールした白鵬だったが物言いは付かず。弓取り式が始まっても、納得がいかない様子で首をかしげる横綱に、場内は騒然となった。
 花道を引き上げる際には、付き人が差し出したタオルをはねのけるなど、怒りをあらわにしていた。八角理事長は「自分で判断してはダメ」と話した。



[PR]

by gettenn66 | 2017-11-23 11:06 | Comments(0)


<< デンマーク・カクタス  今年は...      厚顔、無恥、鉄面皮、国民の声な... >>